Event is FINISHED

【満員御礼】経産省若手官僚・大企業イノベーターが語る 大きな組織の中で 「マインド・アクティブ」であるためには?

Description

経産省官僚、大企業イノベーター社員から、あなたの周囲を「マインド・アクティブ」にするための方法を学んでみませんか?

若手社会人の皆さん、「日々の仕事に追われてばかりだ」、「本当にやりたいことがわからなくなってしまった」……そんな思いを抱えながら働いていませんか?

能動的に人生を選択して、一歩踏み出す人で溢れた社会、一歩踏み出す人のチャレンジを、誰もが応援する社会。そんな社会の実現を目指し、経産省若手官僚の有志は、「マインド・アクティブ社会」プロジェクトを発足しました。

第1弾イベント(https://www.co-media.jp/article/24232)は、約90人の若者を集める大盛況に。

続く第2弾は、若者の志が集う起業家コミュニティ、WeWork四谷で開催。空飛ぶクルマプロジェクトの第一人者である 海老原 史明氏(経済産業省)、ANA AVATAR プログラムで地球規模の社会課題解決を目指す 深堀 昂氏(ANA)、大手企業こそ変革・起業家精神が求められると説き、ご自身もBASE Q、31VENTURESという新規事業立ち上げに携わる光村 圭一郎氏(三井不動産)らを迎え、大組織であっても、本当に社会に必要とされる事業は何かを突き詰め、その実現に向けて周囲を「マインド・アクティブ」に変えるための方法を語っていただきます。

自分が所属する組織・チームを明日から「マインド・アクティブ」に変えていくために、大組織を変革してきたイノベーターたちの熱いメッセージを受け取り、私たちと一緒に、一歩踏み出してみませんか?

タイムスケジュール

・18:30-18:40 オープニング
 ーマインド・アクティブ社会とは何か
・18:40-19:25 登壇者3名からの講演
 ー自身がマインド・アクティブな取組に踏み出したきっかけ、周囲をマインド・アクティブにするための鍵などについて語っていただきます。
・19:25-20:00 パネルディスカッション、質疑
 ー登壇者3名と会場の間で質疑を行い、周囲をマインド・アクティブにするための方法について理解を深めます。
・20:00-20:30 ネットワーキング

※当日のタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。

登壇者

海老原 史明 経済産業省 製造産業局 航空機武器宇宙産業課 課長補佐

1985年生まれ。天安門事件直後の北京で小学校時代を過ごす。2007年に経済産業省に入省。2011年の東日本大震災時には「節電プロジェクト」を主導。その後、シカゴ大学公共政策大学院で得た知見を活かし「エビデンスに基づく政策」を推進すべく政策担当者と有識者をつなぐプラットフォームを創設。現在は航空機産業政策を担当しつつ、省内の若手有志で「空飛ぶクルマプロジェクト」を立ち上げ、動画「さぁ、空を走ろう。」を用いた将来ロードマップ提示や副業・兼業限定でチームメンバーを募る「週一官僚」等の企画を主導。週末は3歳の娘を師と仰ぐ育児に奮闘するパパ。

深堀 昂 ANAホールディングス アバター準備室 ディレクター

2008年に、ANAに入社。パイロットの緊急時の操作手順などを作る運航技術業務のかたわら、営利と非営利のタイアップモデル「BLUE WINGプログラム」を発案、Global Agenda Seminar 2010 Grand Prize受賞、2011年世界経済フォーラムに参加、南カルフォルニア大学MBAのケーススタディーに選定。2014年より、ANAのプロモーションを担当し、ウェアラブルカメラで撮影したビジネスクラス体験プロモーション「YOUR ANA」を企画、実行。2016年には、クラウドファンディングサービス「WonderFLY」を発案。XPRIZE財団主催の次期国際賞金レース設計コンテストにて、「ANA AVATAR XPRIZE」のコンセプトをデザインしグランプリ受賞、2018年3月に開始し、現在74カ国、600チームをこえるグローバルムーブメントを牽引中。

光村 圭一郎 三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部 事業グループ 統括

早稲田大学卒、講談社入社。『週刊現代』編集部、『FRIDAY』編集部で編者として勤務。
2007年、三井不動産入社。2012年より新規事業担当。三井不動産初のインキュベーションオフィス立ち上げを実施。
2014年、日本橋・三越前にオープンイノベーションスペース『Clipニホンバシ』を開設。
2015年、全社横断的な新規事業部門としてベンチャー共創事業部の立ち上げを会社に提案し、同部署に異動。三井不動産の既存事業部門とスタートアップの連携を創出するオープンイノベーション活動に従事。
2018年、東京ミッドタウン日比谷に『BASE Q』を開設し、大手企業のオープンイノベーションを支援するプログラムの提供を開始。

入場料

無料

会場にお越しになる際の注意点

  • 参加者の皆様は可能な限り、開始時間までにお越しください。
  • 〜19:30にお越しになった場合、ビルの1階に待機しているスタッフが入口の自動ドアを内側から解錠した後、ビル内にお入りいただくこととなります。
  • 到着が19:30以降になることが見込まれる方は、事前にメールで mind.active.society@gmail.com までご連絡ください。
    (※既に何名かの参加者の方から遅れる旨ご連絡いただいています。ありがとうございます。)
  • 19:30に受付を締め切ります。事前連絡なく19:30以降にお越しになった方は、会場へ入ることはできません。大変恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#436163 2019-05-20 16:47:48
More updates
Wed May 22, 2019
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
5th Floor 6-6, 麹町, 千代田区 Japan
Organizer
マインド・アクティブ社会実現プロジェクト
271 Followers
Attendees
90